【新ワイナリーのご案内】Rapalino/ラパリーノ

株式会社Vino Hayashi(本社 中央区 代表取締役 林功二)は、新たに「Rapalino/ラパリーノ」社のワインの取り扱いを開始いたしました。

 

Rapalino/ラパリーノ

『この土地と土着品種に愛と情熱を注ぐワイナリー』

 

ピエモンテ州の古都アルバの街の北東側に、イタリアで最もエレガントなワインが生み出されるバルバレスコの丘陵地帯が広がります。トスカーナと比べ小規模ワイナリーが多く、勾配が急で地形が入り組んでいることから、パッチワークのようにブドウ畑が細分されています。トレイゾ村を抜け、急峻な丘をさらに東に入ったところにネヴィリエの小さな村があります。
ラパリーノは、5世代前からこの土地ネヴィリエを中心にワイン用のブドウ生産を行ってきました。瓶詰めを開始したのは現在ワイナリーを支えている、マルコ氏、クラウディオ氏兄弟が中心となってからです。マルコ氏がネイヴェにある有名ワイナリー(ブルーノ・ジャコーザ)で約10年間修行し、醸造をマスター(マスター・カンティニエーレの資格を取得)したことをきっかけに、自分たちでワイン造りを始めることになりました。 ラパリーノのワイナリー 生産しているワインは、ファボリータ、アルネイス、シャルドネ、モスカート、ドルチェット、バルベーラ、ネッビオーロ、フレイザ、バルバレスコと、土着のブドウ品種が中心です。長い歴史を超えてこの土地で愛され育まれてきた、これら地ブドウの力を信じているとのこと。『この土地でブドウを作るということは大変重労働であり、容易いことではないですが、そこから得られる喜びは計り知れないもの。』というクラウディオさんの言葉から、彼らのこの丘に対する愛と情熱を深さを感じます。

 

 

ー取扱いアイテムー

 

 

ランゲ シャルドネ 2016
希望小売価格:4,400円
品種:シャルドネ100%
畑は標高約400mのネヴィーリエ。シャルドネにしては遅く、9月末に収穫。500ℓのトノーで1年間熟成。白い花、金木犀やカモミールの香り。余韻にはバニラやハチミツ、バターのようなニュアンスが優しく感じられます。年産僅か1,000本。

 

 

 

ランゲ アルネイス 2018
希望小売価格:3,600円
品種:アルネイス100%
アルバの畑のブドウを使用。温度管理されたステンレスタンクにて16℃で12日間発酵。 そのまま同じタンクで6ヶ月間熟成します。菩提樹やカモミール、ウイキョウの香り。口あたりはまろやかで非常に華やかな印象。ほどよいミネラル感があります。年産6,000本。

 

 

 

ランゲ ファヴォリータ 2018
希望小売価格:3,400円
品種:ファヴォリータ100%
3つのコムーネの畑のブドウをブレンド。アルバの畑は果実感、カモはフレッシュさ、ネヴィーリエは優美さを与えます。ライムやレモングラス、青りんごやメロンのような香り。フレッシュでクリーンな印象。余韻には酸がやわらかく伸び、心地よい苦みも感じます。年産4,000本。

 

 

 

 

一覧へ戻る