【新商品のご案内】KURTATSCH(コルタッチ)

株式会社Vino Hayashi(本社 中央区 代表取締役 林功二)は、「KURTATSCH(コルタッチ)」社のワイン2種を新たに取扱いを開始いたしました。

 

「KURTATSCH/コルタッチ」(https://www.kellerei-kurtatsch.it/

アルト・アディジェを代表する「協同組合ワイナリー」
ワイナリーの設立は1900年。既に110年以上の歴史があります。約200の契約農家からなる、108ヘクタールもの畑のブドウを瓶詰めしています。標高は約250メートルから900メートルの高所で、約15種類のブドウ品種を最適な土壌で栽培しています。

 

 

ー新商品ー

 

アルト・アディジェ ピノ・ネロ ロゼ “ピノゼ” 2018

 

希望小売価格:3,800円

品種:ピノ・ネロ100%

標高500m。南西向き斜面、粘土質、石灰質、珪岩が入り混じった複雑な土壌にて栽培された若木のピノ・ネロを使っています。ステンレスタンクにてセニエ法で醸しを行った後、低温発酵されます。こうすることにより、強い日差しによって果実に生じる強く華やかな香りは残しつつ、ワイン全体をエレガントな印象に仕上げることが出来ます。
ラズベリー、野イチゴなど、華やかなベリー系の香りが特徴的。程よいミネラルからくる塩味は、夏の暑さを吹き飛ばし食欲を湧かせてくれます。

 

 

 

アルト・アディジェ ピノ・ネロ リゼルヴァ “グレン” 2016

 

希望小売価格:6,800円

品種:ピノ・ネロ100%

樹齢15年。コルタッチの中でも比較的標高の低い480mの畑。土壌は粘土質、石灰質、火山性土壌が三層に重なりワインに複雑性をもたらしています。木樽によるMLF後60〜65%をバリックで熟成、残りを大樽で熟成します。樽由来のコーヒーやビターチョコ、アカシアハチミツなどの香りからワイルドベリーへと花開いていきます。開けてすぐはまだ固い印象なので、飲むには一時間以上前の抜栓は必須です。

 

一覧へ戻る